ライターさんにレッスンを体験していただきました『アイシングクッキーをつくりました!』

「アイシングクッキーをつくりました!」

お菓子教室の日が近づくと、私の心はウキウキとはずみます。
2年前に初めて参加させていただいてから、月に1回のペースで
通っているこのお教室が、私にとっては何よりの楽しみなのです。

先日はアイシングクッキーをつくってきました。

お菓子好きなみなさんならとっくにご存じと思いますが、
アイシングクッキーは、シンプルなクッキー生地の上に、
粉糖と卵白で作った、固さ・色ともにさまざまな
アイシングをデコレーションしてつくります。

まず固めのアイシングで輪郭をかたどり、その中を
やわらかめのアイシングで埋めて、乾いたら
デコレーションをして出来上がり。

自由自在に色や柄をつけることのできるアイシングクッキーは、
かわいいだけでなく日持ちがするというメリットもあります。
お友達にプレゼントするのに、1個だけでも
サマになるのもgood!

アイシングクッキーは最近人気なので、いろいろな本が
出版されています。

実は私も1冊持っていて、「これなら自力で作れるかも?」
なんて思っていました。
「生クリームのデコレーションよりもやりやすそう」なんて、
根拠なく思っていたのです。

ところが、やってみると大違い!!
お菓子づくりでこんなに悪戦苦闘したことはない、と断言できます。

輪郭線を描くのに手がプルプル震えて、きれいな線にならないのです。
失敗した線を取り除こうとしたら、あとが残って汚くなっちゃうし・・・

これ、本を頼りに自分ひとりでやっていたら、間違いなく
放り出していたと思います。
そもそも、アイシングの固さをどれくらいにしたらいいのかが
わからなかったことでしょう。

ところが見てください!
数々の失敗を乗り越えて、こんなかわいくつくれちゃったんです!



先生が、中学生のお譲さんを巻き込んで、お花のモチーフを
つくってくださっていたおかげです。

失敗したところに、バンバンお花モチーフを「盛った」結果、
こんなにステキにできちゃったというわけ。

早速、フェイスブックにアップして、たくさんの「イイネ!」を
いただきましたよ!

先生が懇切丁寧に教えてくださるので、ぶきっちょさんでも大丈夫!
生徒さんたちもみんなフレンドリーなので、初めての方でも
楽しくレッスンを受けることができます。

ほかにはないかわいくておいしいお菓子づくり、ぜひみなさんも
体験してみてくださいね!


ライター  堀 容優子(ほり ようこ)
1993年、健康雑誌でライターデビュー。
現在、美容・健康・マネー・ビジネス・お料理・お菓子などの
書籍を中心に活動中。
趣味はヴァイオリンとお菓子づくり。生活を楽しむのが好き。
ライター堀容優子の猫的日常

レッスンのご予約はお菓子教室の予約サイト『クスパ』をご利用ください。
https://cookingschool.jp/school/serendipity

パティスリー301のホームページもございます。
http://www.patisserie301.com/

このブログの人気の投稿

5月のレッスンが大変だ

ほおひげパン屋さん バッケンバルト

入江農園のメロンを使ったケーキ3種 さくら坂メルカート